スタッフ紹介

院長:横山昌治

院長:横山昌治

資格
あん摩マッサージ(国家資格)

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の横山昌治です。

私は幼少期、体が弱く神経質な子供でよく親をわずらわせていたようです。病院に連れて行っても治らず(皮膚が弱く)、先生にさじを投げられました。柔道場に通うようになってから、健康を取り戻していきました。脱サラしてこの業界に入ったのも、柔道場の下にあった接骨院がきっかけで、健康への感謝と手技で貢献したいという思いからです。

院名の由来

【どうしてだるま堂なのか?】よく聞かれる質問ですのでお話しておきます。

シンプルに知り合いの住職さんからいただいた言葉です。単純に縁起がいいのとがっちりした体型からいただきました。

患者さんには、「横山さん」より『だるまさん』と覚えられています(笑)

だるまさんの教えとして、七転び八起きがあります。

何度でもあきらめず、挑戦し続ける! 患者さんは転ばせない!

もう一つ、面壁九年という言葉があります。

石の上にも三年と同じ意味です。 だるまさんは壁に向かって座禅し、あの形になったと言われています。

何かに向かって今ここを心をこめてやり続ける。

だるま堂は認知症と寝たきりを減らすことに挑戦して続けます!

 

理念

だるま堂の理念として、抜苦与楽(ばっくよらく)という言葉があります。

患者さんで、大学の恩師からいただいた仏教用語です。

この指一本で患者さんの苦を抜き、楽を与え続ければ、患者さんも楽になり治療院も豊かになり、スタッフも幸せになり、繁栄するという言葉です。

一人一人楽にし続けなさいという意味でしょうか?

三方良しのありがたい理念をもとに10年間頑張ってきました。これからも抜苦与楽し続けます。

訪問鍼灸マッサージだるま堂